いわて農林水産物機能性活用研究会

コラム

機能性食品について

機能性食品とは、食品に含まれる体調調整機能成分を効果的摂取でき、体調を整える機能があることを強調する食品です。医薬品ではないため具体的な効能や効果は表示できませんが、国の審査を経て機能性が表示できる「特定保健用食品(=トクホ)」と「栄養機能食品」が認められ、これらを「保健用機能食品」と呼ばれています。
それらの成分を生かして、事業者の責任において科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品が「機能性表示食品」です。販売前に安全性及び機能性に根拠に関する情報などが消費者庁長官に届けられたもので、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

「一般食品」と異なり「保健機能性食品」に分類され機能性表示がされている3つの食品

①「特定保健用食品(トクホ)」

健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。

②「栄養機能食品」

一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量を含む商品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。

③「機能性表示食品」

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。特定保健食品と異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

関連キーワード