いわて農林水産物機能性活用研究会

コラム

いわて農林水産物機能性活用研究会の誕生

いわて農林水産物機能性活用研究会は、岩手県の農林水産物系産業の振興と「健康機能性食品」のニーズのもと、農林水産物の健康維持促進・疾病予防機能(以下「機能性」)に関する研究開発の推進及び機能性に着目した産業振興を目的として設立され、産学官の連携を進め、機能性に関する研究成果等を活用した農林水産物の生産支援とその他関連科学技術情報の発信や関係者・団体の交流と連携等の活動を通じて、その目的の達成を目指す会員制の団体です。会員は、目的である機能性食品の研究開発及び産業振興に賛同する個人・団体・行政機関によって構成されています。

機能性食品とは

機能性食品とは、食品に含まれる体調調整機能成分を効果的摂取でき、体調を整える機能があることを強調する食品です。

その誕生前は食品(サプリメントを含む)の機能性(効用等)を表示(PR等)することは、医薬品にしかできませんでしたが、国の審査を経ることで効用が表示できる「特定保健用食品(トクホ)」が誕生し、その後栄養の表示ができる「栄養食品」、国への届け出だけで機能性が表示できる「機能性食品」が登場しております。
超高齢化社会における健康への関心が高まりを見せる中、食べ物などが持つ健康時維持・調節のための機能性が注目されています。

  • 機能性食品について
  • 当研究会の規約について
  • 当研究会への入会について

関連キーワード