いわて農林水産物機能性活用研究会

コラム

「いわて農林水産物機能性研究会」の活動について

岩手の地場産品を「健康機能性」のフィルターで見直し、みんなで新たな地場産業の可能性を見つける団体です。

当研究会は、今まで「栄養面」と「おいしさ(味覚面)」でこだわってきた岩手県のさまざまな産物を「健康機能性」という新しいフィルターで見直し、新しい地場産品の開発と地場産業の創出を目指す団体です。そのため農林水産物の「生産・製造」「分析・研究・開発」「流通・販売」を経て商品化に関係するすべて人々、つまり産(各種事業者)、学(教育・研究機関等)、官(岩手県・市町村・関係機関等)みんなが連携して様々な活動に取り組み、豊富な岩手県の農林水産物資源を活用した機能性食品の発掘・開発・生産をサポートします。

食品の志向は「栄養補給」⇒「グルメ志向」を経て「健康機能志向」の段階へ

急激な高齢化による健康志向の高まりにより、日常的な食べ物の選択基準は「必要な栄養分の補給」から「味の良し悪し」のグルメ志向を経て、「健康を支える機能」の段階へと向かっています。

生活者の食べ物のへのニーズの変化

日本の食料基地としてオリジナル「健康機能性食品」の開発と生産の必要性

日本の食料生産基地として農林水産物の宝庫である岩手県ですが、それらの産品は海外をはじめ全国の産地間競争にさらされています。これらによる事業リスクや将来展望の不透明さが農林水産業の担い手不足を招き、生産者の高齢化とそれにともなう生産活力や事業基盤そのものを失う危機をはらんでいます。
そのため、栄養や味による競合に加えて「健康機能性食品」の発掘・開発と生産が課題となり、特に他と競合しないオリジナル(オンリーワン的)な個性を備えた商品の開発と適切な生産による産としての活性化を図ることが求められます。

関連キーワード