いわて農林水産物機能性活用研究会

シンポジウム

第3回機能性活用シンポジウム開催します。

第3回機能性活用シンポジウム開催します。

令和元年7月25日(木)「岩手県水産技術センター 大会議室」において、「いわて農林水産物機能性活用研究会(会長:長澤孝志 岩手大学農学部教授)」および「岩手生物工学研究センター」主催によるシンポジウムを開催します。

「いわて農林水産物機能性活用研究会」は、農林水産物の活用による健康づくりと地域振興を目指しています。震災から8年以上経過しましたが、三陸の海も変化し、街は高齢化と人口減少などの課題に直面しており、復興には依然困難が伴っています。新しい水産業は、健康な心身を育てる食産業につなげる必要があります。一方、水産加工品や養殖技術の開発、健康の礎である食の見直しなど、三陸振興に向けた取り組みも行われており、多様な地域資源の機能性を活用し、元気な体と強い産業の育成を進めるために、シンポジウムを開催します。

第3回シンポジウム「おいしい三陸の恵みで元気な体と地場産業を育てよう!」

シンポジウム前半では、三陸復興を象徴する企業の一つ「釜石ヒカリフーズ 株式会社」、震災前後の海を見続けてきた「岩手県水産技術センター」、水産資源の安定供給を目指す「岩手大学三陸水産研究センター」から、沿岸の水産関連産業について講演していただきます。
後半では、地域の健康づくりを担う「釜石市保健福祉部」から食と健康について講演いただくとともに、研究会から三陸発の健康素材の開発事例について紹介します。

開催日時・会場

令和元年7月25日(木)13時15分〜16時30分
岩手県水産技術センター 大会議室(〒026-0001 岩手県釜石市平田3-75-3)

シンポジウムの内容

講演1「三陸の水産物を活用した商品開発」
講師:釜石ヒカリフーズ株式会社 代表取締役社長 佐藤 正一 氏
講演2「震災後の三陸の海環境(底質)の変化」
講師:岩手県水産技術センター 漁場保全部 上席専門研究員 加賀 克昌 氏
講演3「獲る漁業から育てる漁業へ」
講師:岩手大学 三陸水産研究センター 教授・センター長 平井 俊朗 氏
講演4「釜石市の食育推進計画について」
講師:釜石市保健福祉部健康推進課 管理栄養士 互野 雅貴氏
事例紹介「三陸の水産物を活用した健康素材の開発」
いわて農林水産物機能性活用研究会 事務局

主催:いわて農林水産物機能性活用研究会、公益財団法人 岩手生物工学研究センター
共催: 岩手大学 三陸水産研究センター、次世代養殖システムによるフィッシュファクトリー創造プラットフォーム
後援: 岩手県、釜石市、公益財団法人 釜石・大槌地域産業育成センター、岩手大学 三陸復興・地域創生推進機構、岩手医科大学、釜石医師会、岩手の食材で毎日CUISINE MINCEUR

参集範囲

一般

参加申し込み

申込書をダウンロードの上、7月18日(木)までにメールまたはFAXにてお申し込みください。

関連キーワード

/